このページの本文へ移動
 

農薬検査部について

各課の業務

業務調査課

 業務調査課では、農薬GLP査察、農薬に関する調査、農薬に関する情報及び資料の収集整理、農薬検査部の行う業務に関する業務実績、農薬の規制に関する国際調和に関する業務等を行っています。

検査調整課

図:農薬の登録申請の受付
農薬の登録申請の受付

 農薬の登録検査に関する総合調整、製造者等に対する立入検査に係る対応、農薬登録に関する情報の管理等の業務を行っています。具体的には、農薬登録申請の受付と検査の進捗管理及び農林水産省への検査結果の報告、製造者等に対する立入検査に係る農林水産省との調整及び検査結果の報告、農薬登録情報データベースの作成及び管理等を行っています。また、業務の効率化を図るため、資料のマイクロフィルム化やコンピュータを用いた各種情報のデータベース化も進めています。

毒性検査課

図:提出された毒性試験成績
提出された毒性試験成績

 農薬登録のために提出された急性毒性、眼及び皮膚刺激性、皮膚感作性、慢性毒性、発がん性、繁殖性、催奇形性、変異原性等の毒性試験成績をもとに、残留農薬の毒性について検査を行うとともに、農薬の使用者に対する安全性についての検査を行い、使用時の注意事項等を定めています。また、毒性試験のガイドラインの改正及び農薬の使用者に対する安全性についての検査等に資するために種々の調査を行っています。

環境影響検査課

図:土壌試料の採取
土壌試料の採取

 土壌や水中における動態試験成績、土壌残留試験成績、水質汚濁性試験成績等をもとに、農薬の環境中での分解性や移動性についての検査を行い、適切な使用方法等を定めています。また、環境に関する検査技術の向上等に資するため、調査研究を行っています。

生態毒性検査課

図:水産動植物影響試験の供試生物
水産動植物影響試験の供試生物

 水産動植物(魚類、ミジンコ類及び藻類)、各種有用生物等に対する農薬の影響試験成績をもとに、水産動植物、各種有用生物等に対する農薬の安全性について検査を行い、使用時の注意事項等を定めています。また、生態毒性に関する検査技術の向上等に資するため、調査研究を行っています。

化学課

図:GCによる農薬製剤中の有効成分の分析
GCによる農薬製剤中の有効成分の分析

 農薬の種類名や化学名、製剤中の有効成分の分析法、製剤の物理的化学的性状(粉末度、粒度、乳化性など)、経時安定性、有効成分の物理的化学的性状(溶解度、蒸気圧など)、その他成分(製剤の補助成分)等の検査を行うとともに、登録申請時に提出された見本及び立入検査での集取農薬について検査を行っています。

生物課

図:走査電子顕微鏡を用いた天敵農薬の検査
走査電子顕微鏡を用いた天敵農薬の検査

 農作物及び病害虫等に対する農薬の薬効・薬害等について検査を行い、適切な使用方法や使用時の注意事項等を定めるとともに、登録申請時に提出された見本及び立入検査での集取農薬のうち生物農薬等について、力価検定等の生物検定法を用いて有効成分の検査を行っています。

農薬残留検査課

図

 植物や家畜の代謝に関する試験成績、農作物や家畜への残留性に関する試験成績等をもとに、農作物や(飼料作物を介して)畜産物に残留した農薬の安全性について検査を行い、適切な使用方法や使用時の注意事項等を定めています。また、農薬の残留性に関する検査技術の向上等に資するため、調査研究を行っています。

農薬実態調査課

図:農産物の残留農薬分析
農産物の残留農薬分析

 国(農林水産省)が推進する農薬の適正使用に係る施策に資するため、国内農産物(野菜、果実、米穀等)に係る農薬の使用状況の調査点検及び残留状況調査分析を行っています。

農薬調整指導官

 農薬の検査に関する調査研究の全体調整、国際調和業務、部内人材育成に関する企画等を行っています。

精度管理官

 分析試験等の品質保証、精度管理、分析試験等に必要な機器の整備・管理、薬品等の管理に関する業務及びその連絡調整を行っています。

▲このページの先頭に戻る